身体の血管や神経が弱ることによって引き起こされる、最も患者数の多い勃起不全です。

動脈硬化が原因でED

動脈硬化とは、シアリス 通販体内の一酸化窒素(NO)の減少により血管の老化が進行、動脈が硬くなる現象です。

EDはペニスの動脈硬化 勃起が起こるためには、陰茎海綿体に血液が多量に流入しなければなりません。

ところが動脈硬化が進行すると、血管の中が狭くなる、血管が詰まる、血管自体のしなやかさが失われてしまいます。血管が十分に広がらなくなるので、血液の循環が悪くなります。

このため、勃起しても陰茎の海綿体に多量の血液が流れ込まず、物理的に勃起が起こらなくなるのです。

糖尿病などの生活習慣病が原因でED

生活習慣病とは、三便宝普段の生活習慣が発症に関わる病気です。

糖尿病や高血圧、脂質異常症、高脂血症といった生活習慣病の人は、血管に常に大きな負担がかかっています。

すると血管に傷がついて、巨人倍増健康な人よりも動脈硬化が早く進行します。より早くEDが進行します。

ED併発率は高血圧で30%!糖尿病で80%!

EDの疫学調査としてよく引用される調査、マサチューセッツ男性加齢研究(Massachusetts Male Aging Study;MMAS)によれば、高血圧の治療を受けている患者の15%が重症の勃起不全になっています。

その後に行われた欧米7国の調査でも、高血圧患者がEDを発症する割合は26%もありました。

また糖尿病の治療を受ける男性患者のなかで、EDを併発している人は42%から90%にのぼると報告されています。これは糖尿病でない通常の男性の、2倍から4倍以上高い割合です。

肥満が原因でED

糖尿病とも深く関わるEDの原因が、食べ過ぎ、飲み過ぎ、運動不足からくる肥満です。

男性医療従事者の疫学研究(Health Professionals Follow Up Study;HPFS)の調査資料によれば、BMI値が増加するにつれてEDのリスクも上昇するという結果が出ています。

肥満じゃなくても運動不足は改善しよう!

BMIが低い、肥満体型ではないからといって安心できないのが運動不足。

HPFSからは身体能力(運動強度)が低下するにつれてEDのリスクは上昇するという調査結果も発表されています。週に1回、2時間半以上のランニングを行った場合に、EDのリスクが3割ほど減少しました。

日本人は欧米人ほど肥満度が高くないため、米国での調査結果のデータがそのまま当てはまるとは言い切れません。しかし適度な運動が勃起障害の予防や改善に効果的なのは間違いないでしょう。

タバコが原因でED

EDを発症する要因で見逃せないもの、何度も言われてウンザリしている方もいると思いますが、タバコ、喫煙です。

タバコに含まれるニコチンには、末梢血管を収縮させる作用があります。血管が縮む、血流が悪くなる、当たり前のようですが勃起に悪影響を及ぼします。

ニコチン以外にもタバコを吸うことで発生する活性酸素(フリーラジカル)は、血管の内側の細胞を傷つけます(血管内皮障害)。喫煙が心筋梗塞などの冠動脈疾患の引き金になるのとまったく同じ理由で、勃起障害を引き起こしているのです。

タバコはEDだけじゃなく不妊の発端にも

またタバコの煙にも活性酸素が豊富に含まれており、酸化ストレスを増加させて、人体の老化を促進させることが分かっています。

酸化ストレスにより外見が老化するのはもちろんですが、体内の老化速度も早めます。つまり、体内にある精子の老化、機能の低下、数の減少につながり、最終的に不妊症として問題が表面化するのです。

もしあなたが子作りに励む若い男性で、タバコを吸いながら「勃起しない」と悩んでいるようであれば、まず手に持ったタバコを消すことが、問題解決の第一歩になるでしょう。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-07-20 (水) 12:06:26 (1448d)